初代【ファイナルファンタジー】からナンバリングとして15作続いている国民的RPGのFFシリーズ!

その歴代シリーズの中でも特におすすめなのがFF5こと

【ファイナルファンタジーⅤ】です

第5弾のナンバリングタイトルとして発売された本作は多数の新しい要素とシステム

隠しボスなどを搭載して当時のスーファミ界、そしてRPG業界に衝撃を与えました。

そんなFF5のおすすめな理由をピックアップしてみたいと思います。

尚、この理由には個人的見解も含まれますのでご了承下さいm(_ _)m

スポンサーリンク

 

ff5-s231

おすすめ理由その1【”最後”の純ファンタジー作品】

ファイナルファンタジーシリーズは第6作目のFF6から、いわゆる機械文明が全面に打ち出されてきます。

つまり純然なファンタジー作品としてはある意味でFF5が最後だという事。

魔法があって、不思議な世界構造があって、召喚獣が居て、善悪がはっきりしている

といった王道のRPGですが、純粋にこれがFFだ!っと思えるのはFF5の魅力の1つです☆

おすすめ理由その2【豊富なやり込み要素】

FF5はシナリオ難易度だけでいえばそこまで難しいゲームではありませんが、豊富なジョブシステムとオメガや神竜といったいわゆる”裏ボス”の存在があるので、結構やり込むと奥が深いのもポイントです。

スポンサーリンク

ジョブマスターで全ジョブに☆3つ付けたりするとちょっとある意味感動出来ます(笑)

20091223093922070

おすすめ理由その3【シナリオとBGMが秀逸】

FF5のストーリー部分、いわゆるシナリオはあまり小難しくありません。

しかし主人公達の関係性だったり、ヒロイン位置のレナやファリスも含めていわゆるストーリーが単純に面白いんです。サブキャラである操作しないキャラクターもかなりいい具合に絡んできます。

それに忘れられないのはBGM

FF5のBGMは正直シリーズ屈指と言っても過言ではない(笑)

有名な【ビッグブリッジの死闘】が聞きたいが為に、戦闘の手前でセーブしてわざとデータを残しておいたくらいカッコイイ曲が多いです。

まとめ

と、こんな感じで簡単にまとめてみましたが、

FF5は【1つのFFの形】として、ある意味で完成された形

以降の作品や、以前の作品がどうこう、、と言うわけではありませんが

ナンバリングとしては大きなポイント、沸点を迎えた作品だと個人的には思ってますm(_ _)m

スポンサーリンク